クリスマスイルミネーションに彩られた展示温室=11月23日、福井県坂井市の県総合グリーンセンター

 福井県坂井市の県総合グリーンセンターにある展示温室(通称タマネギハウス)で11月23日、恒例のクリスマス・イルミネーションが始まった。植物園内が約1万球のLED電球で飾り付けられ、幻想的な雰囲気に包まれている。

 今年のテーマは「聖夜のサンタの森」。温室中央には高さ約7メートルの電飾のクリスマスツリーを設け、天井からつるされたLED電球で“星降る夜”をイメージした。サンタやトナカイのモニュメントをところどころに設置した。ハウス内ではクリスマスを彩るポインセチアが真っ赤に色づき、訪れたカップルや親子連れは光と花の競演を楽しんでいた。

 ライトアップは来年2月17日まで。点灯は日没から午後9時まで。

関連記事