雪化粧した恐竜モニュメント=11月23日午前10時ごろ、福井県勝山市北谷町谷

 福井県内は11月23日朝、北から寒気が流れ込んだ影響で気温が下がり、県内10観測地点のうち小浜市など4地点で今季一番の寒さとなった。奥越地方の標高の高い山では未明には雨が雪に変わり、朝までに雪が積もった。

 ⇒【D刊フォト】雪、虹、紅葉コラボ
 ⇒【関連】西日本で気温高く少雪、気象庁

 福井地方気象台によると、この日朝の最低気温は福井市越廼6・3度、敦賀市5・9度、美浜町5・5度、小浜市5・3度で今季最低を更新。勝山市では3・9度を記録した。

 同市北谷町谷の石川県境付近では早朝に3、4センチほどの積雪となり、紅葉の中、雪化粧した山々の景色が広がった。国道157号沿いでは、写真を撮ったり雪で遊んだりする家族連れの姿が見られた。また、スキージャム勝山ではゲレンデ上部で朝までに約15センチ積もった。

 同気象台によると24日も寒気の影響で寒さが続く見込み。最低気温は福井市で5度、大野市2度、敦賀市6度の予想。

関連記事