刃物男の目撃情報があった現場付近を警戒するパトカー=11月22日、福井県鯖江市桜町1丁目

 11月22日午後2時45分ごろ、福井県鯖江市桜町付近で刃物を持った男が歩いていると、目撃した少年の家族から県警鯖江署に通報があった。下校時間と重なったことから、県警や同署は市教委や市内の小中高校に情報を提供し、下校を一時待機するなど安全確保を要請した。

 同署によると、目撃されたという現場は福井鉄道福武線西鯖江駅に近い住宅街。男は40代くらいの身長約1メートル70センチで、茶色のニット帽のようなものをかぶっていたという。

 市内各校は保護者に緊急メールで通知。付近の小学校では全児童を校内で待機させ、保護者に送迎を要請した。惜陰小学校に子ども3人を迎えに来た30代の母親は「習い事などもあるので子どもが外に出るのが心配」と不安そうな表情を見せていた。

 一時待機後に教員が引率し、集団下校した学校もあった。市教委学校教育課によると、市内小中学校では午後7時までに全児童生徒の帰宅を確認した。

 市教委は土日祝日の各学校や公民館などでの子どもたちの活動についても、保護者の送迎を呼び掛けている。同署では引き続き、周辺の警戒や聞き込みなど捜査を進めている。

関連記事