お茶の水女子大付属小の音楽会で合唱する秋篠宮家の長男悠仁さま=22日午後、東京都文京区(宮内庁提供)

 秋篠宮家の長男悠仁さまは22日、自身が通うお茶の水女子大付属小(東京都文京区)の音楽会に参加し、同級生と共に合唱や楽器の演奏を楽しんだ。6年生の悠仁さまにとって、小学校の音楽会に参加するのは最後。秋篠宮ご夫妻も他の保護者と一緒に鑑賞された。

 悠仁さまは同級生約110人とリコーダーを演奏。ホルスト作曲の「木星」などを披露した。合唱では「この地球のどこかで」と「風になりたい」のソプラノパートを担当した。ご夫妻は曲の合間に笑顔で拍手を送っていた。

 同校によると、悠仁さまは9月ごろから練習を重ねてきた。

関連記事