【越前海岸】アジは茱崎~玉川~梅浦~城ケ谷~大樟の磯や港で、朝夕まずめを中心に15~20センチが10~20匹。グレは鷹巣~鮎川、左右~玉川の磯で25~30センチが5~10匹。東尋坊~安島~雄島では、35~40センチの大型を仕留めているベテランも。深場の磯では尾長グレ30~35センチも交じる。安島や小丹生でヒラメ。アオリイカはシーズン終了。今後はヤリイカ、タルイカに期待。

 

【福井新港】アジはパイプラインなどで30センチ級の良型が10~20匹釣れる日も。チヌはパイプライン、第2排水口が本命。エサ取りは多いが、練り餌を使って辛抱強く攻めれば25~40センチが1~5匹。キスは北防、サッカー場下で15~23センチが10~20匹。サッカー場下で30センチ前後のサゴシ。

 

【嶺南】チヌ、グレは江良や白木、横浜、音海でナイスサイズが5匹前後。サヨリは高浜漁港で25センチ前後がぽつぽつ。アジは陸から狙うのは厳しくなってきたが、小浜湾のボート釣りや筏(いかだ)釣りで20~30センチが2桁。キスも交じる。

 

【河川】九頭竜川河口~下流域で50~60センチのスズキ。良型のアジも揚がっている。

 

【沖合】三国沖などでヒラマサ、マダイ、アジ。高浜沖でサバ、ハマチが好調。小浜沖はマイカが盛り返している。多い人で70~150匹。

 

 

越前海岸
マダイ
グレ
福井新港
チヌ、キス
嶺南
チヌ、アジ
河川
スズキ
関連記事