【越山若水】ニュースに接した当初は、やむを得ない流れと感じたが、実際にやるとなればなかなか大変なことになりそうだ。気象に応じ、特定区間で義務化されるタイヤチェーン装着のことである▼雪国福井でハンドルを握って30年以上、チェーンを着けた経験はゼロ。それで困ったことはなかったが、これからそうも言ってられない▼マイカーを冬タイヤに交換した折、業者さんに聞くと「思ってるより扱いづらいよ」とくぎを刺された。買っておけばそれで安心、というわけにはいかないようだ▼チェーンは切れるもの、と考えた方がよいという。切れるとタイヤハウス内で暴れてあちこち傷付け面倒なことになる。警報レベルの大雪が前提で吹雪の中の装着作業もあり得るから「ぜひ練習しておいて」と助言された▼ただ、規制を今冬、混乱なく導入する仕組みが整うのかどうか少々疑わしい。まずは着脱スペース。高速道路や国道に十分な確保ができるのだろうか▼冬タイヤ以外の車が対象の規制と違い、「全ての車」がチェーンを装着するとなると、恐らく既存スペースでは足りない。多くの誘導員も必要だろう▼ネット上には、チェーンがあれば冬タイヤは不要と勘違いしている向きが散見され、周知もこれからである。きょうは小雪を迎えた。週末は北日本などに寒気が来る。準備期間があまりに少ないと思えてしまう。

関連記事