世界各国の料理を提供する「神戸クック・ワールドビュッフェ」=11月21日、福井県福井市のパリオシティ3階

 世界各国の料理をビュッフェスタイルで提供するレストラン「神戸クック・ワールドビュッフェ パリオシティ福井店」が11月22日、福井県福井市の同店3階にオープンする。100種類以上の料理を時間制限なく楽しめるのが特長。21日は関係者向けのパーティーが開かれた。

 同レストランは、神戸物産(兵庫県)が全国にフランチャイズ展開しており、福井店は、北陸フードシステムズ(鯖江市)が経営する。店舗面積は飲食店で県内最大級の1053平方メートルで、284席を用意した。ピザ、パスタ、サラダ、うどん、カレー、天ぷら、スイーツなど多彩な料理を提供する。

 パーティーで北陸フードシステムズの小原健二社長が「全てのお客さまに満足してもらえる店にしたい」と意気込みを語った。ヤスサキ(福井市)の安崎昌治社長は「生き残っていくには、大型のショッピングセンターにはない店舗が必要。地域になくてはならないショッピングセンターを目指したい」と話した。

 営業時間はランチが午前11時~午後4時、ディナーが午後5時~同10時。料金はランチ、ディナーともに平日が男性1200円、女性千円。土日祝日は男性1500円、女性1200円。小学生、小学生未満は料金が異なる。いずれも税別。

関連記事