「一刻も早くご遺体を家族の元にお返ししたい」と警察歯科医の思いを語る齊藤会長=福井市の福井県歯科医師会館

 多くの犠牲者が出る大規模災害が全国で相次ぎ、正確で迅速な死体の身元特定が課題になっている。東日本大震災では、歯型などを調べる歯牙鑑定による特定がDNA鑑定の約7倍に上った。身元不明死体発見時に歯牙鑑定に当たる「警察歯科医」が福井県内でも活動しており、県歯科医師会は「県内でも大規模な災害、事故は起こり得る。一人でも多くのご遺体を遺族にお返しできるように」と、警察への協力体制を強化している。

 「身元が分からないので鑑定をお願いできませんか」。2年前、坂井市内の海岸で女性の死体が発見され、坂井西署から福井県警察歯科医会の阿部清孝常務理事(58)=同市=に電話が入った。これまで100体以上鑑定し3~4割の身元を特定。2件の殺人事件で被害者を特定し捜査に貢献した県内一のベテランだ。

 同署の霊安室で女性の歯を1本ずつ調べると、インプラントが数本あるように見えた。X線撮影し、インプラントの位置やメーカーを把握した。日本歯科医師会に歯の記録「デンタルチャート」や口内の写真を送付したところ、「私の患者かもしれない」という歯科医が現れた。生前と死後の記録を照合すると合致。阿部さんは「ご遺族にお返しできる助けができて良かった」と振り返る。

 県警察歯科医会の会員は現在78人。県警から毎年10件前後の鑑定依頼があり、今年は7件(10月末現在)のうち5件で身元特定につながった。歯の形状などを見れば性別や年齢はおおむね分かる。歯の有無、歯並び、すり減り方、虫歯や治療痕、かぶせ物の素材、義歯など全て同じ人はいないという。

関連記事