東京都新宿区の東京医科大

 東京医科大が今年と昨年の不正入試の影響を受けた受験生の一部に追加合格を出し、その分を来年の募集人員から減じるとしたことを受け、予備校講師や医師らでつくる市民団体が21日、他の医学部で少しずつ臨時の募集増を実現し、全体の募集人員が減らないよう対策を取ることを国に求めた。

 要望書では、東京医大が来年の募集人員を減らせば、医学部全体の募集も減って狭き門となり「受験生が不正入試のつけを払わされる」と指摘。他大学の臨時募集増で、東京医大の減少分をカバーし医師を目指す人が不利益を被らないようにすることを提案している。

関連記事