11月21日放送、テレビ東京系『未来世紀ジパング』に福田雄一監督が番組初出演(C)テレビ東京

 映画・ドラマ・舞台で活躍している福田雄一監督が、21日放送のテレビ東京系経済番組『未来世紀ジパング』(毎週水曜 後10:00)で番組初出演を果たす。この日のテーマは「今こそリーダー論! 未来を拓く“世界一のリーダー”徹底取材!」。福田組のリーダーでもある福田監督が独自のリーダー論に言及する。

【写真】福田雄一作品に挑んだ長澤まさみ

 番組では、国を引っ張っていくリーダーは、どんな人がいいのか? 国民が望むのは、どんなリーダーなのか、「世界一」の称号を持つ3人のリーダーを取材。“世界一幸せな国”コスタリカの38歳の大統領、世界で初めて産休を取った首相、“平和な街”を作り上げた世界一の市長…これらの取材VTRを見た福田監督が投げかける疑問がユニークで、ほかの出演者とのトークもおおいに盛り上がった。さらに、福田監督のリーダーとしての立ち振る舞い、「勇者ヨシヒコ」誕生の裏側も明かされる。共演経験のある番組アシスタントの片渕茜アナウンサーからは思いがけない暴露話も飛び出す。

■福田雄一監督のコメント

――オファーを受けた理由と収録の感想を教えてください。

【福田】自分とあまりにもかけ離れた分野で、未知のところに飛び込んでいく感じだったので(笑)。そういうところでは新しい方と出会えるし、僕にとって糧でしかないですね。最近ずっと言ってるんですよ、佐藤二朗と「もう50歳になったら、どんどん新しいことやらなきゃだめだ」って。逆に「なんでオファーしてくださったんだろう?」って不思議から始まって、やってよかったなあって本当に楽しかったです。こんなに無責任に発言できる場って、ないんで(笑)。

 映画の宣伝とか番宣で出演する時は、自分の映画とか作品を背負う部分があるんですけど、今日は何一つ背負わなくていい!(笑)もう本当に身一つで来た感じの気軽さですし、この年になって「僕知らないんですけど、どうなんですか?」って、なかなか聞けないじゃないですか?そういうところで自分のまったく専門外のところにきて、バンバン自分の疑問を本当に子供みたいにぶつけられたのは、「楽しかった!」としか言いようがないです。

――監督という制作現場のリーダーとして、意識している振る舞いやポイントは?

【福田】リーダーとしてというより、福田組は僕が何もできないから、周りが「なんとかしてやろうぜ」で回っています(笑)。わからないことをスタッフにあれこれ聞いて、「いいね!」って…。変にカッコつけないで、「わからない」とか「こういう状態ですよ」とか、正直に見せて、前向きに話ができるようになる…番組の中でも話していますが、いじられるというか「言いやすい空気を作る」というのは、とても大切だと考えています。

――これまでの作品で「座長として、リーダーとしてすごい!」と思う役者さんは?

【福田】小栗(旬)くんですね。断然、小栗くんは座長として素晴らしい役者です。彼が座長でいた時に、彼がちゃんと前向きに楽しんでいれば、周りの不満が噴出することは絶対にないですね。

 それぞれに気を配る…しかも彼がすごいのは、スタッフをすごくケアするんです。普通、役者をケアすることはできますけど、スタッフの名前をアシスタントの子までちゃんと憶えて、「○○ちゃん、今日なんか元気ない?」みたいなことをされたら、どれだけスタッフが元気になるか…。

 彼は仲間を集めて飲んだりするのが大好きで、そういうことをがんばらずに、自分の天然の能力としてやれる人だし、ちゃんと本当に、自然な気遣いができる。例えば、舞台挨拶で小栗くんと二人で東京から大阪に移動する際、私服に着替えて「行こうか」って出てきたら、前に僕がプレゼントしたTシャツを着ている…そういうの嬉しいじゃないですか。今の若手で言うと小栗くんは日本で一番、「座長」と呼ぶにふさわしい人なんだなあって思います。

 それでいて子供みたいに「俺だけ仲間はずれにすんなよ」って言ったり、弱みもみんなに見せられたりする。恥ずかしがらずに弱点を見せられるっていうのは、リーダーの資質としてものすごく大事だと思うんですよね。若手が見て「かわいいな」って思っちゃうようなところもあって、僕的にはパーフェクトなリーダーです。

関連記事