日本ユニセフ協会の記者会見に出席したスポーツ庁の鈴木大地長官(右から5人目)ら=20日午後、東京都港区

 日本ユニセフ協会は20日、東京都内で記者会見し、体罰や過度な練習などスポーツと子どもを巡る課題解決への初めての行動指針となる「子どもの権利とスポーツの原則」を発表した。

 国内外でスポーツに関係した暴力や虐待などの実態が明らかになる中、競技団体や指導者、スポンサー企業、保護者に向け、子どもの権利尊重や健康への配慮、そのための態勢整備など10の原則をまとめた。同協会は「スポーツに関わる全ての関係者、組織の理解と自主的な行動を推進していくきっかけ」を目指すとした。

 会見にはスポーツ庁の鈴木大地長官らが出席した。

関連記事