11月21日に発売される、いちほまれ、ひゃくまん穀、富富富のおにぎりセット=11月20日、福井県福井市の県農業会館

 福井の「いちほまれ」など北陸各県から誕生した新ブランド米のおにぎりを詰め合わせた「北陸三県の贅沢三米(ぜいたくざんまい)おにぎりセット」が、11月21日から北陸3県で販売される。各県が誇る新銘柄米の食べ比べが気軽に楽しめる。

 いちほまれのほか、石川の「ひゃくまん穀(ごく)」、富山の「富富富(ふふふ)」のおにぎりを1個ずつセットにした。各県JAグループの卸業者が連携し3日に発売した、3銘柄の新米セットのおにぎり版。福井県JAグループの炊飯加工会社、しゃり一(福井市)などが商品化した。

 いちほまれは、粒感と粘りの調和、優しい甘みが特長。ひゃくまん穀は粒が大きく、冷めてももっちりとした食感とおいしさがある。富富富は、口に入れると甘みとうま味が広がるという。各おにぎりには、福井梅やおぼろ昆布といった各県の特産品などをトッピングした。

 全国各地で新ブランド米が誕生する中、3県が手を組んで知名度アップにつなげる取り組み。20日に福井市の県農業会館で定例会見したJA県5連の田波俊明会長は「北陸3県がコラボするのはJAにとって進歩。食べ比べできて消費者にとってもいいことだし、こういう企画はどんどんやっていきたい」と話した。

 県内ではAコープやハーツなど約150店舗で販売。小売価格は税別350円前後の見込み。12月20日までの期間限定で、売れ行きによって年明けの販売も検討する。

関連記事