ゲイであることを公表し、自分の考えや経験を動画投稿サイトで発信している藤原和士さん=7月、東京都内

 小学校高学年ごろから、異性に向かうはずの恋愛感情が同性に向かっていた。ゲイ(男性の同性愛者)の藤原和士さん(36)=福井県福井市出身=は「違和感を誰にも言えなかった」と振り返る。お笑い番組ではゲイにふんしたキャラクターが人気だった。面白くて笑ってはいたものの「漠然と僕は笑われる対象なんだと思った」。

 ⇒LGBTや外国人に焦点「ふくいを生きる・共生」の全12回はこちら

 高校時代に女性と付き合ってみた。楽しかったが、手をつなぎたいとは思わなかった。しばらくして「手もつないでくれないの?」と言われた。交際を続ける自信がなく2、3カ月で別れた。

 23歳の時、出会い系サイトで知り合った4つ年上の男性と付き合った。家族に紹介したいと思い、24歳でカミングアウト(告白)した。自分は長男で、結婚して家を継ぎ、両親に孫の顔を見せるのが当たり前と思ってきたから、泣きながら謝った。

  ■  ■  ■

 あるインターネット調査(2016年)によると、国内の性的少数者は8%で、左利きの人や、血液型がAB型の人と同じような割合で存在するともいわれる。ただその存在を社会に認識されているとは言い難い。

 理由の一つに、カミングアウトしている当事者の少なさがある。同じ調査でカミングアウト率は友人に13・0%、家族は10・4%、職場は4・3%にとどまる。

関連記事