19日の欧州市場で、フランス自動車大手ルノーの株価が急落し、前週末の終値に比べ一時10%超安となった。ルノーの最高経営責任者(CEO)、カルロス・ゴーン日産自動車会長が金融商品取引法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕されたことが影響した。(共同)

関連記事