福井県知事選への立候補を表明している現職の西川一誠氏(左)と前副知事の杉本達治氏(右)

 来春の福井県知事選で5選を目指す現職の西川一誠氏(73)の後援会連合会は11月18日、市町単位の県政報告会を越前町、鯖江市を皮切りにスタートさせた。これに対し前副知事の杉本達治氏(56)も17、18の両日、イベントに顔を出すなどして名前の浸透を図った。

⇒【D刊】両氏の動向、続きはこちら

 知事の任期満了まで22日で残り5カ月。総務省OB同士で現職対前副知事という異例の対決構図の中、両氏は早くも選挙モードに突入している。

 知事選を巡ってはこのほか、県議の中井玲子氏(60)が立候補を表明。共産党県委員会も候補者の擁立を模索している。

関連記事