ヤクルトに入団が決まり、笑顔でポーズをとる国学院大の清水昇投手=18日、東京都内のホテル

 ヤクルトからドラフト1位で指名された国学院大の清水昇投手(22)=180センチ、84キロ、右投げ左打ち=が18日、東京都内のホテルで球団と入団交渉を行い、契約金9千万円、年俸1400万円で合意した。「強気な投球が売り。看板選手になれるように頑張りたい」と意気込みを口にした。

 背番号は松岡弘や「巨人キラー」として活躍した川崎憲次郎ら右の本格派が背負った「17」に決まった。対戦したい打者に岡本(巨人)の名を挙げ「同年代のスター。僕は(学生時代は)無名だったので雲の上の存在。やっと同じ舞台に立てる」と興奮を隠し切れない様子で話した。(金額は推定)

関連記事