高安(右)が押し出しで正代を下す=福岡国際センター

 大相撲九州場所8日目(18日・福岡国際センター)大関陣が安泰。高安は平幕正代を押し出し、連敗を免れて6勝目を挙げた。豪栄道は嘉風をはたき込んで5勝3敗。栃ノ心は竜電を寄り切って連敗を3で止め、星を五分に戻した。

 小結貴景勝が妙義龍を引き落とし、ただ一人1敗を守って単独首位に立った。関脇対決は御嶽海が逸ノ城を押し出し、5勝目を挙げた。逸ノ城は6敗目。

 貴景勝を追う2敗は高安、栃煌山、阿炎ら6人となった。十両は照強と炎鵬が1敗でトップ。

関連記事