全国育樹祭の式典後、子どもたちと交流される皇太子ご夫妻。左端は東京都の小池百合子知事=18日午後、東京都調布市

 皇太子ご夫妻は18日、東京都調布市にある武蔵野の森総合スポーツプラザで、全国育樹祭の式典に出席された。皇太子さまは「森林を、健全な姿で次の世代へ継承し、美しい国土と豊かな暮らしを未来へとつないでいくことは、私たちに課せられた大切な務めであると考えます」とあいさつした。

 皇太子さまは、17日の育樹祭の行事で、天皇、皇后両陛下が1996年の全国植樹祭で植えたイチョウを手入れしたことに触れ「22年の歳月を経て、健やかに成長している姿に、深い感銘を覚えます」と述べた。

 式典では、緑化活動の功労者に感謝状を贈呈。ご夫妻は笑顔で拍手を送った。

関連記事