仮契約後、木佐貫洋スカウト(右)と握手を交わす黒田響生(中央)。左は敦賀気比高校の東哲平監督=11月16日、福井県敦賀市内のホテル

 巨人から育成ドラフト4位指名を受けた敦賀気比高校(福井県)の黒田響生内野手(18)が11月16日、福井県敦賀市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金200万円、年俸240万円(金額は推定)で仮契約した。背番号は「021」に決まった。黒田は「少しでも早く2桁や1桁の背番号になり、いつか憧れの坂本選手の6番を受け継ぎたい」と意欲を示した。

 巨人の長谷川国利スカウト部長と担当の木佐貫洋スカウトが訪れ、両親を交え黒田と交渉した。

 交渉後、木佐貫スカウトから帽子をかぶせてもらった黒田は「あこがれの巨人の帽子をかぶり、やる気に満ちている。故障せずに戦い抜けるよう、まずは体を作りたい」と決意を新たにした。

 木佐貫スカウトは「三遊間の深い位置からでも強い送球ができる肩は魅力。打撃も磨き、看板選手になってほしい」と期待を寄せた。

 23日に東京ドームで開かれるファン感謝イベントで新入団選手発表がある。来年1月初旬から新人合同自主トレーニングに参加する予定。

関連記事