サッカーのU―17女子W杯1次リーグ、南アフリカ戦でゴールを決め、喜ぶ大沢春花(右)=16日、マルドナド(ゲッティ=共同)

 【マルドナド(ウルグアイ)共同】サッカーのU―17(17歳以下)女子ワールドカップ(W杯)は16日、ウルグアイのマルドナドなどで行われ、日本は1次リーグ第2戦で南アフリカに6―0で大勝し、1勝1分けとした。南アフリカは1分け1敗。同組のメキシコは1―0でブラジルを破り、1勝1分け。ブラジルは1分け1敗となった。

 日本は大沢春花が相手守備をかいくぐって先制するなど2得点し、前半のうちに4点を奪って試合を決めた。

 1次リーグは4カ国ずつ4組に分かれて総当たりで争われ、各組上位2カ国が準々決勝に進出。日本は20日の1次リーグ最終戦でメキシコと対戦する。

関連記事