貴景勝が突き落としで魁聖を破る=福岡国際センター

 大相撲九州場所6日目(16日・福岡国際センター)大関陣は高安が玉鷲を寄り切って1敗を堅持。豪栄道は竜電を寄り倒して3勝目を挙げたが、栃ノ心は正代に押し出されて星が五分に戻った。

 貴景勝が小結同士の対戦で魁聖を突き落とし、6連勝で単独首位に立った。両関脇は御嶽海が北勝富士を押し出して3勝3敗とした。逸ノ城は妙義龍に寄り切られ、元気なく5連敗。

 全勝の貴景勝を1敗で高安、平幕の栃煌山、千代大龍、阿炎、大栄翔、阿武咲の6人が追う展開となった。

関連記事