【ソウル共同】韓国の地方自治体の京畿道は16日、市民団体と共催で、日本の植民地時代の強制動員などをテーマとした国際会議を開いた。北朝鮮の李種革・朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長が出席し「強制連行の最大の被害者は私たち朝鮮民族だが、いまだに謝罪や反省もなく、そうした犯罪行為を認めてすらいない」と日本を激しく非難した。

 会議は元徴用工訴訟の判決前から予定されていた。北朝鮮高官が韓国での国際会議に出席するのは珍しい。南北共通の歴史問題を通して結束を強める狙いとみられ、今後共闘が進む可能性がある。

 会議には鳩山由紀夫元首相も参加し、日本の謝罪の必要性を訴えた。

関連記事