『年末ジャンボ宝くじ』新TVCM「侍、ホームパーティへ行く」ジャンボ篇 場面カット

 俳優の役所広司と新川優愛が、現代にタイムスリップした侍とその娘のお千代を演じる『年末ジャンボ宝くじ』の新TVCM「侍、ホームパーティへ行く」が公開された。今回、2人が登場するのは、バイきんぐの小峠英二と西村瑞樹、ブルゾンちえみが参加している忘年会。役所演じる侍から小峠の持ちネタである「なんて日だ!」が飛び出るなど、年の瀬にふさわしい豪華な共演となっている。

【場面カット】役所広司演じる侍が「なんて日だ!」 感激の表情

 同CMは、『年末ジャンボ宝くじ』に夢を膨らませる侍とお千代が、賑やかなホームパーティの忘年会に参加するストーリー。宝くじの種類に合わせて「ジャンボ篇」「ミニ篇」「プチ篇」の3種類が放送され、「プチ篇」では、役所が小峠の持ちネタ「なんて日だ!」を叫ぶシーンも。他にも、侍が気合いを込めて「10億カモン!」と叫ぶ「ジャンボ篇」や、「ミニ当たりますように」とキラキラとした眼差しで星空に願い事をする「ミニ篇」など、3作どれもが5人のハイテンションな掛け合いを楽しめる。

 撮影も終始和やかに行われ、西村のタイミングが合わずNGになると、役所が「西村さ~ん!」とニコニコしながらツッコミ。スタジオが笑いに包まれた。その他、CM動画と同時公開されたメイキングムービーからは談笑する5人や、共演する猫と遊ぶ役所など、楽しげな様子が伝わる。

 また撮影後のインタビューでも、役所が「年末にふさわしい豪華なメンバーが揃い、いつかお会いしたいと思っていた方ばかりで楽しかったです」と笑顔。初めて芸人をゲストに迎えて緊張していた新川も、「カメラが回っていなくても、西村さんと小峠さんが仲良く肩を組んでいるのを見て得した気分。嬉しかったです」と自然と肩の力が抜けたエピソードを語った。

 一方、西村は前述のNGでの役所のフォローについて「めちゃくちゃ渋い声で名前を呼んでくれて、それで現場が一気に和みました」。小峠も、役所の持ちネタの披露に「あの渋い声で役所さんに言っていただけて嬉しかった」と感激。また、ゲスト出演の感想についてブルゾンは「宝くじの CM は毎回、何億何億というので、実はオファーを意識していた」と意気込んでいたが、実際は振り向いて「○億!」と言うシーンが一切なかったとエピソードを語り、笑いを誘った。

 『年末ジャンボ宝くじ』の新TV CM「侍、ホームパーティへ行く」は、全国で放送中。メイキングムービーは、特設サイトで公開中。

関連記事