中山さんのタルイカ

【越前海岸】アジは場所によって釣果のムラが大きく、茱崎以南は小型がよく釣れる。左右~玉川~梅浦~城ケ谷~大樟周辺では、朝まずめ中心に15~25センチの良型がアジングで20~30匹。チヌ、グレは松島~河野で広く情報がある。日中は25~30センチが1~6匹。青物やマダイは潮通しの良いポイントで依然好調。カゴ釣り、フカセ釣りでハマチ、ブリ、ヒラマサが1~3匹。マダイは20~80センチが数匹。アオリイカは渋い。

 

【福井新港】チヌはパイプライン、北防、第2排水口で堅調。オキアミや練り餌を使い25~45センチが1~3匹。キスは北防先端などで15~18センチが10~15匹。アジの泳がせ釣りで狙うヒラメも伸びている。

 

【嶺南】チヌ、グレは敦賀の横浜、立石で安定。30センチ級が1~6匹。アジ、サヨリは小浜新港や西津で朝夕に少し釣れる。チヌは小浜新港で20~25センチが2桁。西津などでは青虫のブッコミ釣りで50~60センチのスズキ。大島半島の犬見でも20~30センチの小型が揚がっている。カワハギは広範囲で13センチ前後が釣れている。

 

【河川】九頭竜川河口でスズキ、ヒラメ、ハゼ。

 

【沖合】マイカは小浜沖が好調で、イカメタルを使って80~100匹。三国、鷹巣沖でも復調。11日には中山佳英さん(福井市)が三国沖で胴長65センチのタルイカ=写真。

 

越前海岸
グレ
マダイ
福井新港
チヌ、キス
嶺南
サヨリ、アジ
河川
スズキ
関連記事