佐藤健(右)への“兄弟愛”を爆発させた山田孝之 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の山田孝之、佐藤健が15日、都内で行われた映画『ハード・コア』(23日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。兄弟役で共演し、山田が「大好きですよ、佐藤健が」と思いを爆発させる一幕があった。

【写真】会見にはロボットも登場

 同映画は、山田と盟友・山下敦弘監督がタッグを組み、愛読書であった伝説的コミック『ハード・コア-平成地獄ブラザーズ』(原作:狩撫麻礼/いましろたかし)の実写化に挑戦。閉塞感漂う現代日本への生命力溢れるメッセージを伝えるような、おかしくも切ない物語。飲み屋で楽しそうに騒ぐ若者たちを見れば腹を立て大暴れしてしまう、怪しい活動家で埋蔵金掘りを生業にする右近(山田)、彼が唯一心を許す同僚の牛山(荒川良々)、右近の弟でエリート商社マンの左近(佐藤)の3人が、ひょんなことからロボットを見つけてしまい波乱の展開となる。

 共演の経緯について山田は、制作陣との話し合いで佐藤の名が挙がったいい「役にピッタリだと思ったから飲みの席で猛プッシュした」と熱烈なラブコールを送ったことを明かした。

 山田からの誘いに「やりますよ」と即決したという佐藤は「真面目な話をすると、役者として山田孝之が好き。自分の主演作に孝之くんが出てくれて心強かったし、うれしかった。今度は自分が支える側として出演できたらと思って」と照れくさそうに明かすと、山田も「うれしい。大好きですよ、佐藤健が」と頬を緩ませていた。

関連記事