群馬県警は11月14日、トラックの前に進入し急ブレーキをかけたり幅寄せしたりして男性にけがをさせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、京都府の運送会社のトラック運転手の男(42)=福井県越前町=を逮捕した。被害車両のドライブレコーダーに記録されていた一部始終の映像が決め手となった。

 逮捕容疑は5月10日午後6時5分ごろ、群馬県富岡市の関越自動車道を大型トラックで走行中、埼玉県熊谷市の男性(24)のトラックを危険な速度で追い抜いて前方に進入し、急ブレーキをかけて進路妨害したり、幅寄せして自車を衝突させたりして男性に首の捻挫などの軽傷を負わせた疑い。容疑を認めている。

 捜査関係者によると、映像は動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップされ、2万回以上再生されているという。

関連記事