日本海の日韓漁船衝突現場

 15日午前9時半ごろ、日本海の大和堆周辺海域で、日本の漁船から海上保安庁の巡視船に「韓国の漁船と衝突した」と無線連絡があった。海保によると、双方の漁船にけが人は出ていないという。

 海保から巡視船やヘリコプターが出動して対応に当たっている。韓国の海洋警察も現場海域に警備艦や救助ヘリを派遣し、事故の経緯を調べている。山形県漁業協同組合によると、日本側の漁船は山形県の酒田港に所属するイカ釣り船第38正徳丸で、乗員8人は無事だった。

 韓国当局によると、韓国側漁船(48トン)の船員13人は近くで操業の漁船に救助された。韓国側漁船は衝突により浸水しているとみられる。

関連記事