稀勢の里(右)がすくい投げで栃煌山に敗れる=福岡国際センター

 初日から4連敗となり、支度部屋で厳しい表情の稀勢の里=福岡国際センター

 大相撲九州場所4日目は14日、福岡市博多区の福岡国際センターで行われ、東横綱稀勢の里関(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=は平幕栃煌山関にすくい投げで逆転負けし、初日から4連敗を喫した。

 横綱の初日からの4連敗(不戦敗を除く)は11日制だった1931年春(1月)場所の宮城山以来87年ぶりとなる不名誉な記録で、1場所15日制が定着した1949年夏場所以降では初の事態。

 稀勢の里関は8場所連続休場明けの先場所で10勝を挙げ、ひとまず進退問題を脱出。だが初の一人横綱として臨んだ今場所は苦しい土俵が続き、重責を果たせていない。

関連記事