クローン病を宣告した医師からは、「人生の半分を損したと思うかもしれない」という独特の表現で覚悟を促された(東洋経済オンライン編集部撮影)
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。
今回紹介するのは「1年契約の嘱託社員で、持病の難病が悪化し長期間の休職になると、会社規定で自然退職扱いになり、現在とても不安です」と編集部にメールをくれた、難病を患う41歳の独身男性だ。

アイスコーヒーのグラスが汗をかいている。クローン病を患うワタルさん(41歳、仮名)は普段、消化管に刺激を与える冷たいものは飲まない。しかし、今年の夏はあまりに暑かった。体調を崩して会社を休職中、上司から駅前のコーヒー店に呼び出されたとき、思わずアイスコーヒーを注文した。

 

冷たい飲み物を頼むなんて、初めてじゃないだろうか。そう思った矢先、上司が切り出してきたのは、ワタルさんがこれまで、いくつもの会社から告げられてきたことと同じ話――。退職勧奨だった。

「このままだと、復職は難しそうですね。(就業規則で)休職できる期間が決まっていてね。その期限を過ぎると、自然退職になるんですよ。復職できるかって??産業医の意見を基に、会社が判断するので……。最悪、復職不可、ということもあります」

「ああ、やっぱり、治らない病気なんだ」

クローン病とは、口腔から肛門まで、消化管のいたるところに、慢性的に炎症や潰瘍が生じる病気である。国による指定難病のひとつ。腹痛や下痢、下血、口内炎、発熱、倦怠感といった症状のほか、腸管が狭くなったり、穴が開いたりといった合併症を伴うこともある。症状はよくなったり(寛解)、悪くなったり(再燃)を繰り返し、完治は難しいとされる。

ワタルさんが発症したのは、高校生のとき。その後、20代半ばで、クローン病と診断された。このとき、宣告した医師からは「人生の半分を損したと思うかもしれない」という独特の表現で覚悟を促された。

すでに何度も再燃を経験していたワタルさんは「ああ、やっぱり、治らない病気なんだと思っただけ。落胆もしなかったけど、希望もありませんでした」という。

■東洋経済オンラインの関連記事■
余命宣告を受けた34歳女性が広げる「マーク」
45歳東大卒シングルマザーの重すぎる試練
医学の素人が12万人救う器具をつくれた理由

関連記事