損害保険大手3社の自然災害の保険金支払いが、2018年度は1兆円規模に上ることが13日、分かった。台風21号や西日本豪雨によって各地で甚大な被害が出たため。損保各社は保険金支払いの増加を受け、19年度に火災保険の保険料を4年ぶりに引き上げることにしている。

 保険金支払いはMS&ADホールディングスが4千億円超、SOMPOホールディングスが3千億円台半ばになるとみられる。東京海上ホールディングスは支払額を精査中だが、3千億円超となる可能性がある。

 ただ、損保各社は大規模災害に備え、「異常危険準備金」を積み立てており、18年度はこの準備金を取り崩す方針。

関連記事