事業について説明するトラストバンクの須永珠代代表取締役=13日午後、東京都千代田区

 「ふるさと納税」仲介のポータルサイトを運営する「トラストバンク」(東京)は13日、ふるさと納税制度の仕組みを活用して、自治体が取り組む災害復興事業への寄付を広く募るプロジェクトを開始し、参加事業の一覧を仲介サイト「ふるさとチョイス」に公開した。

 一覧として公開されたのは(1)西日本豪雨の被害を受けた広島県神石高原町による農家支援(2)岡山県矢掛町による地元の高校に通う生徒の支援(3)宮城県七ケ浜町による東日本大震災の津波被害継承(4)茨城県境町による北海道地震で被災した地域への移動式住居提供―などの事業。寄付の受け付けは13日までに始まった。

関連記事