レスリングのU23(23歳以下)世界選手権は12日、ブカレストで開幕し、男子グレコローマンスタイルの5階級が行われ、63キロ級の遠藤功章(日体大)が準決勝でイラン選手を下し、13日の決勝に進んだ。55キロ級の小川翔太(日体大)と130キロ級の貝塚賢史(茨城県競技力向上対策本部)はともに1回戦で敗れ、13日の敗者復活戦に回った。(共同)

関連記事