千葉地裁で開かれた第1回口頭弁論の後、記者会見する原告の女性2人=13日午前、千葉市中央区

 東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)でキャラクターの着ぐるみを着て、ショーなどに出演していた女性契約社員2人が、過重労働やパワーハラスメントで体調を崩したとして運営会社「オリエンタルランド」に計約755万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、千葉地裁(阪本勝裁判長)で開かれ、同社側は請求棄却を求めた。

 訴状によると、2人のうち29歳の女性は2015年2月に雇用され、重さ10〜30キロの着ぐるみ姿でパレードやショーに出演。17年1月、腕に激痛が生じ「胸郭出口症候群」と診断され休職している。労働基準監督署は同年8月、業務との因果関係を認め労災認定した。

 一方、38歳の女性は08年4月に雇用された。13年ごろから複数の上司にパワハラを受けたと主張。「死んでしまえ」「30歳以上のばばあはいらねえんだよ」などの暴言もあり、心療内科に通院することになったとしている。

 この女性は首の負傷で今年夏ごろに労災認定を受けたという。13日の意見陳述で、29歳の女性は、体調が悪くなった時も「新入りが休みたいとは言えなかった」と述べ、38歳の女性は「窓も開かない閉鎖された空間でパワハラやいじめがあった」と訴えた。

 オリエンタルランド広報部は「係争中の案件のためコメントは差し控える」とした。

関連記事