【ニューヨーク共同】週明け12日のニューヨーク原油先物相場は11営業日続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の12月渡しの終値が前週末比0・26ドル安の1バレル=59・93ドルとなり、2月中旬以来、約9カ月ぶりに60ドルの大台を割り込んだ。

 朝方は、石油輸出国機構(OPEC)加盟国や非加盟国が12月のOPEC定時総会などで来年の原油減産について協議する見通しとなったと伝わり、買いが先行した。

 しかしトランプ米大統領がツイッターで「サウジアラビアやOPECは原油を減産しないでほしい」とけん制したことをきっかけに売りが広がり、マイナス圏に沈んだ。

関連記事