動物愛護活動に取り組む杉本彩さん

 保護された犬猫の里親探しや野良猫の不妊手術などの活動を行っているNPO法人福井犬・猫を救う会の設立10周年記念イベントが11月25日、福井県産業会館(福井市)で行われる。動物愛護活動に取り組む女優の杉本彩さんが「人と動物が共に幸せに暮らせる社会の実現に向けて」と題して講演する。

 杉本さんは、公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」(東京)の理事長として動物虐待厳罰化を求めたり、適正飼育の普及啓発を呼び掛けたり熱心に活動している。今年3月、福井県内で明らかになった大量繁殖場「子犬工場(パピーミル)」問題についても「業者への規制強化が必要」などと訴えている。

 記念催しでは神奈川県動物愛護協会常務理事の黒澤泰さんが「飼い主のいない猫のトラブル解決法(地域猫活動のすすめ)」と題して講演。福井県坂井市在住のシンガー・ソングライター、ヒナタカコさんによる「人と生きものたち」をテーマにした書き下ろし曲の発表もある。

 同NPOは、飼い犬の適切な飼育を広めようと、2002年10月に福井市内の愛犬家たちで結成したボランティアグループ「WAN・WANファミリーの会」が前身。活動資金の透明化を図り、信頼性を高めようと08年8月にNPO法人とした。

 藤永隆一理事長は「人と動物が幸せに暮らせるために、私たちにできることは何かを考えるきっかけになれば」と話している。

 記念イベントは午後1時半から午後4時20分まで。入場無料。定員は300人。名前、住所、電話番号、同行者を明記して、メールやファクスで申し込む。メール=info@fukui-dogcat.com FAX0776(35)7307。

 問い合わせは同NPO=電話070(5061)9840。

関連記事