栃木ウーヴァFC―サウルコス福井 前半26分、先制点を挙げて喜ぶサウルコスの山田雄太(10)=11月9日、島根県松江市営陸上競技場(サウルコス福井提供)

 サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)昇格を懸けた全国地域チャンピオンズリーグ(地域CL)1次ラウンドが11月9日、全国3会場(北海道、岐阜、島根)で始まった。C組(島根県松江市営陸上競技場)で、2年連続6度目の挑戦となる北信越代表のサウルコス福井は初戦、栃木ウーヴァFCと1-1で引き分けた。

 1次ラウンドは12チームが3リーグに分かれて行う総当たり戦。3日間の短期決戦で、各組1位と、2位の中で最高成績の計4チームが決勝ラウンド(21~25日、千葉)に進む。サウルコスの初戦の相手、栃木ウーヴァFCは昨季までJFLに所属しており、今季、関東リーグを17勝1分けで制した。元サウルコスヘッドコーチだった堺陽二監督がチームを率いている。

 サウルコス福井は前半26分、フォワード山田雄太のゴールで先制。しかし、前半43分に相手フォワード山村佑樹にゴールを許し、同点とされた。後半はスコアレスで1-1のまま、試合を終えた。

 C組のもう1戦は、松江シティFCが2-1でおこしやす京都ACに勝利。C組首位に立っている。第2戦は10日に行われ、サウルコス福井はおこしやす京都ACと午後1時半から対戦する。

 ■サウルコスvs栃木ウーヴァFC

【スターティングメンバー】

■サウルコス福井

GK 植田峻佑
DF 川邊裕紀、橋本真人 、馬場将大、小林誠
MF 鶴野太貴、福田航太、吉田旭陽
FW 山田雄太、松尾篤、石塚功志

■栃木ウーヴァFC

GK 原田欽庸
DF 大木暁、増田修斗、津田琢磨、鈴木隆雅    
MF 髙地系治、井澤惇、野崎陽介、若杉好輝
FW 山村佑樹、森島康仁

関連記事