9日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=114円近辺で取引された。10月上旬以来、約1カ月ぶりの円安ドル高水準。

 午前10時現在は、前日比27銭円安ドル高の1ドル=113円96〜97銭。ユーロは49銭円高ユーロ安の1ユーロ=129円52〜53銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が次回12月の会合で利上げに踏み切るとの観測が強まり、円を売ってドルを買う動きが優勢となった。

関連記事