稲田朋美氏

 自民党の稲田朋美筆頭副幹事長(衆院福井1区)は11月7日のラジオ日本番組で、将来の首相を目指して活動する考えを示した。「いつか首相になる考えは」と問われたのに対し「やはり夢は、政治家になった限りは目標に置いて頑張りたい」と語った。

 昨年7月に南スーダン国連平和維持活動(PKO)日報隠蔽で防衛相を辞任したことを念頭に「いろんな失敗や反省もあるが」と前置きするのを忘れなかった。「女性初の首相」へのこだわりはないとも説明した。

 女性の社会進出を阻む「ガラスの天井」については「打ち破らないといけない」と強調。「たくさんの女性に政治家を目指してほしい」と呼び掛けた。

関連記事