稲田朋美氏

 自民党の稲田朋美筆頭副幹事長(衆院福井1区)が党整備新幹線等鉄道調査会長に就いたことが11月7日、分かった。メンバーは近く固まる。与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)の座長は、岸田文雄政調会長が続投する。

 鉄道調査会は党政務調査会の下に位置付けられている部会や調査会の一つで、整備新幹線の延伸などを議論している。会長はこれまで政調会長が就いてきたが、岸田氏が進める政調改革の一環で全ての調査会が見直されており、筆頭副幹事長の稲田氏が新会長に就任することになった。

 稲田氏は、福井新聞の取材に対し「北陸新幹線は大阪延伸に向けて財源問題などのヤマ場を迎えている。(防衛相就任などで)しばらく党務を離れていたが、しっかりとした組織にして取り組んでいきたい」と抱負を述べた。

 高木毅衆院議員(福井2区)らが立ち上げた敦賀―新大阪間の整備財源を検討している自民党ワーキングチーム(勉強会)については「党の中の正式な機関にして、しっかり財源を見つけていく」と強調した。

関連記事