記者会見でFA権の行使を表明する西武の浅村栄斗内野手=7日、埼玉県所沢市の西武球団事務所

 西武の浅村栄斗内野手(27)が7日、埼玉県所沢市の球団事務所で記者会見し、国内フリーエージェント(FA)権について「FA権を行使することを決断した」と明らかにした。強打の二塁手にソフトバンク、楽天、オリックスが獲得に興味を示している。西武は宣言しての残留を認めており「外に出るから行使を決めたわけではなく、他球団の評価を聞きたい率直な思いがある」と話した。

 浅村は大阪桐蔭高から2009年にドラフト3位で入団。今季は主将としてチームの10年ぶりのリーグ優勝に貢献し、打率3割1分、32本塁打、127打点をマークして2度目の打点王に輝いた。

関連記事