東京都八王子市の市立中学2年の女子生徒が8月に自殺を図り、その後死亡していたことが6日、家族や関係者への取材で分かった。生徒は3月まで在籍していた中学校の部活動でトラブルがあったとの遺書を書いており、市教育委員会は第三者委員会を設置し、自殺との因果関係を調べる方針。

 生徒の父(57)や学校関係者によると、生徒は昨年8月ごろ、部活動の上級生らから無料通信アプリLINE(ライン)で批判されたり、無視されたりして不登校になった。

 学校側は調査の結果、トラブルが解決し、いじめはなかったと結論付けた。生徒は今年4月に転校。8月、八王子市内の駅で電車に飛び込んだ。

関連記事