【越山若水】二人のやりとりは、おそらくこうだろう。乗客の女性「いますぐバスを止めてよ、早くっ」。運転手「何をする! 危ないって。やめろっ」▼殴りかかる女性に応戦した一瞬、運転手はハンドルを切り損ねた。バスは対向車にぶつかった後、橋から転落した。13人が死亡、2人が行方不明。先月末に中国で起きた惨事である▼車載カメラで原因が分かった。乗り過ごした女性が運転手に降ろせと迫り、規則だからと断られて実力行使に出た末の悲劇だった。日本では考えられない話である▼気の毒なのは、巻き添えにされて命を落とした人たちである。後先考えずに己の要求を通そうとすれば何を招くか。自己主張の国にあって「わが振り直す」気運が高まればいい▼先月、日中共同世論調査が発表された。中国人が日本に対して抱く好感度が、昨年より10ポイント以上も上がって42・2%になった。4割台に乗ったのは14回の調査で初めてだという▼日本に行ってみたら、街はきれいだし高品質の商品がよりどりみどり。しかも人々は礼儀正しくて親切。見ると聞くとで大違い、とばかり親日になるということらしい▼好かれて悪い気はしない。できればこちらも好意で報いたいけれど、大声で自己主張されるのはちょっとね…ということだろうか。日本人の9割近くは中国に悪印象を抱いたままだ。両思いへの障害はまだ高い。

関連記事