サッカーの第97回全国高校選手権福井県大会は11月4日、坂井市のテクノポート福井芝生広場で準決勝2試合を行う。第1試合は丸岡―北陸(午前10時半)、第2試合は藤島―福井商業(午後1時半)。いずれもU―18リーグ福井1部の実力校で、決勝進出を懸け好勝負が予想される。

 ⇒高校サッカー福井県大会トーナメント表

 3年ぶりの優勝を目指す第1シード丸岡は、2試合で18得点無失点と圧倒的な内容。昨年まで2年連続で初戦敗退したが、29度目の頂点に向けて着実に駒を進めている。3連覇を目指す第4シード北陸も8得点無失点と危なげない。今季リーグ戦は丸岡の2戦2勝だが、優勝候補同士のハイレベルな試合はどちらに転ぶか分からない。

 藤島は準々決勝で強豪福井工大福井を下し、11年ぶりの4強進出。少なくとも大会が1県1代表制度になった1983年度以降、藤島の決勝進出はなく、歴史をつくるか注目される。インターハイ出場の第2シード福井商業は、2回戦で啓新を延長の末に振り切り、準々決勝では古豪大野に圧勝した。11年ぶりの優勝に向け負けられない戦いが続く。

 ■注目の準決勝をテキスト速報

 福井新聞ONLINEではサッカーの第97回全国高校選手権福井県大会・準決勝2試合の経過をテキスト速報し、試合結果をいち早くお届けします。

 ⇒丸岡―北陸の速報はこちら

 ⇒藤島―福井商業の速報はこちら

関連記事