巨人の木佐貫洋スカウト(右)と握手を交わす黒田響生内野手=11月1日、福井県敦賀市の敦賀気比高

 巨人に育成ドラフト4位指名された敦賀気比高(福井県敦賀市)の黒田響生内野手(18)は11月1日、敦賀市の同校でスカウトから指名あいさつを受けた。黒田は「徐々にプロとなる実感が湧いてきた。早く支配下登録され、球界を代表するようなショートを目指したい」と意欲を示した。

 巨人の井上真二チーフスカウトと木佐貫洋スカウトが訪れ、黒田と同校野球部の中野洋一郎部長らにあいさつした。

 木佐貫スカウトは「柔らかなグラブさばきや肩の強さが評価できる。持ち味の守備力を磨き、チームの顔になってほしい」と期待を込めた。井上チーフスカウトも「大型内野手は少ない。期待している」と声を掛けた。

 あいさつを終えた黒田は「これからは休んでいる暇はない。体がまだ細いので、故障せずに続けられるよう体力をつけたい」と力強く話した。

関連記事