大型トレーラーに接触された乗用車=10月31日午後6時40分ごろ、福井県敦賀市山中の国道161号

 福井県警敦賀署は11月1日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)、ひき逃げの疑いで愛知県名古屋市の運転手の男(47)を逮捕した。同署によると、「当たった認識はない」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は10月31日午後5時半ごろ、敦賀市山中の国道161号で大型トレーラーを運転し、対向の大阪府茨木市の介護士男性(43)の乗用車に接触。乗用車には7人乗っており、大阪市、介護士の男性(24)の顔や胸に重傷、男女2人に軽傷を負わせ、救護措置を取らずに逃げた疑い。

 敦賀署によると、現場は片側1車線のカーブで緩やかな坂道。トレーラーの後続車から110番通報があり、運転手の男が浮上、敦賀市内で逮捕した。同署はトレーラーがセンターラインを越えたとみて、ドライブレコーダーの映像などを調べている。

関連記事