【越前海岸】アジは安島、崎、鷹巣、白浜などで、夕まずめ~夜~朝まずめに15~25センチが2桁。28日には長谷川こうま君が茱崎で15センチ前後を40匹ゲット=写真。アオリイカは終盤戦。安島、鷹巣、茱崎、大樟などで釣れるが全体的に数は厳しめ。サイズは胴長18~25センチで、薄暗くなってからが期待ができる。ヒラマサ、ハマチはオキアミを使ってフカセやカゴ釣り、メタルジグの遠投で1~3匹。三里浜、波松のキスは渋め。

 

【福井新港】餌取りのサンバソウが多く、チヌは練り餌などを使って20~40センチが1~2匹。アジは不調。ヒラメ、サゴシ、タチウオはパイプライン、北防などでぽつぽつ。

 

【嶺南】チヌは白木で29~45センチが1~9匹。小浜新港ではサヨリ、ハゼが好調。豆アジ、カマスは減ってきた。中型アジは朝夕まずめに10匹。仏谷で20~27センチのキスが午前中かけて10~20匹。高浜の上瀬で40~50センチのサゴシ。

 

【河川】九頭竜川河口~下流で青虫のブッコミ釣りやルアーで良型のスズキが続々。北川も70センチクラスが4匹。

 

【沖合】天候が悪く情報は少ないが三国沖、鷹巣沖などで大型のヒラマサ、70~80センチのマダイが期待できる。

 

越前海岸
カマス
アオリイカ
福井新港
タチウオ、サゴシ
嶺南
サヨリ、アジ
河川
スズキ
関連記事