白く雪化粧した白山の山頂付近=11月1日、福井県勝山市鹿谷町保田から

 石川、岐阜両県などにまたがる白山(2702メートル)で11月1日、初冠雪が観測された。福井県内からも雪化粧した山頂と青空の美しいコントラストが楽しめた。金沢地方気象台によると、初冠雪は平年より15日、昨年より6日遅かった。

 勝山市鹿谷町の九頭竜川からは1日午前10時ごろ、雲の切れ間から真っ白な山頂付近が見えた。散歩していた近くの女性(71)は「今朝はすごく寒くてストーブを出そうかと思った。雪で白くなった白山はやはりきれい。また、冬が来たんだなと実感します」と季節の移ろいを感じていた。

 福井県内の1日朝の最低気温は大野市6・4度、勝山市6・8度、福井市8・1度など10観測地点のうち8地点で10度を下回る冷え込みとなった。

関連記事