制作が進む「亥」の竹人形=福井県坂井市丸岡町上久米田の越前竹人形の里

 福井県坂井市丸岡町上久米田の越前竹人形の里で、来年の干支「亥」にちなんだ竹の置物作りがピークを迎えている。竹の曲線を生かした、今にも動きだしそうな躍動感あるイノシシが次々と完成している。

 大小2種類あり、小さい方はまだら模様の「黒竹」を使い、イノシシの毛並みを表現した。大きい方は愛らしい表情が特徴で、仲むつまじい親子が温かみのある雰囲気を醸し出している。

 9月上旬から職人7人が手作業で竹を削り、頭、胴、角、しっぽなどを制作。細かい素材を接着し丁寧に仕上げている。12月上旬までに大500個、小2千個を完成させる。越前竹人形の里とインターネットで12月末まで購入できる。

関連記事