U―20W杯出場権の獲得を喜ぶ日本イレブン=28日、ジャカルタ(ゲッティ=共同)

 【ジャカルタ共同】サッカーのU―19(19歳以下)アジア選手権準々決勝は28日にジャカルタで行われ、日本はインドネシアを2―0で下してベスト4入りし、U―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)出場権を2大会連続で得た。バルセロナ(スペイン)の下部組織で育った久保(横浜M)ら俊英が集い、来年の大会で経験を積めば、2020年東京五輪でも期待の戦力となりそうだ。

 内容は良くても勝ち切れない、という育成年代の課題を感じさせない。約6万人の観衆を背にした開催国に押されたが、粘って少ない好機を決めた。久保は「結果的には2―0。結果が全て」とふてぶてしく言った。

関連記事