山口茜

 バドミントンのフランス・オープンは10月27日、パリで各種目の準決勝が行われ、シングルス女子は世界ランキング3位の山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)が世界7位の何氷嬌(中国)に2―1で逆転勝ちし、3月の全英オープン以来の決勝進出を果たした。

 第1ゲームはリードし20―16とゲームポイントを奪ったが、6連続失点して先取された。第2ゲームは2―11から追い上げ21―19で奪い返した。第3ゲームも接戦となり、16―18から4連取して逆転。21―19で競り勝った。決勝は、世界ランキング1位の戴資頴(台湾)と対戦する。

 シングルス男子は桃田賢斗(NTT東日本)がリオデジャネイロ五輪金メダルのしん竜(中国)にストレートで敗れた。

 ダブルスは女子の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)がインドネシア組を下して決勝進出。混合の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は敗れた。

関連記事